内海建設LIXILリフォームショップUTSUMI

想いをかたちに

安心サポート

インスペクション[建物状況調査]

中古住宅は新築と異なり、すでに劣化が始まっており、
物件によって築年数、劣化の進み具合、維持管理状況が違います。
そのため、LIXILリフォームショップUTSUMIでは、
「建物がどんな状態なのか?」「あと何年ぐらい住めるのか?」「修繕が必要な箇所はあるのか?」
といったことを建築士がアドバイスする「インスペクション(建物状況調査)」をお奨めしています。

インスペクションとは?

「既存住宅状況調査技術者」の資格を持つ建築士が、住宅の劣化状況や改修すべき箇所をチェックする調査のことです。
2018年4月、インスペクションの活用を促す「改正宅建業法」が施行され、中古住宅取引の際にホームインスペクションの説明が義務化されることになりました。
具体的には、売買契約前の重要事項説明時などにおいて、その建物がホームインスペクションを受けた履歴があるか? 今後実施する意向はあるか? が確認されることになります。
中古住宅の売買を安全に行うためにも、これからはインスペクションが当たり前となっていきます。

【インスペクションで
得られるメリット】

1
十分な知識・技術を持った建築士が行うため、信頼できる調査結果を得られます。
2
雨漏りやひび割れ、建物の傾きの有無などの劣化状態をチェックでき、建物の安全性を検証できます。
3
売主との価格交渉材料としても使え、適切な価格で売買できます。
4
契約前に行うので、「入居後に不具合が発覚し、大がかりな修繕が必要になった」などという最悪の事態を避けることができます。
お問い合わせ