STAFF BLOG

2019.12.13

床がぶかぶかする悩みを安く解決しよう!

築年数が経てばたつほど
よく歩く場所の床が
ぶかぶかとたわんでしまいます。
このままじゃあ床が抜けるのではないかと思うお客様も多いと思います。

その多くの原因は床材の接着剤の劣化が多いです。
どういうことかというと、
床材というのは、無垢じゃない場合は
薄い板を接着剤で貼り重ねて作られているため、
接着剤が劣化し薄い板が剥がれたり浮いたりすることがあります。

そんな悩みを解決する方法としては、
弊社おすすめのリフォーム方法は現状の床材の上に床材を張ることです。

床のたわみが治るだけではなく、
床自体も新しくなります。

また、
2019年4月1日(月曜日)~2020年2月21日(金曜日)の間に
静岡県内で床材を10㎡以上張る工事を行う場合
平成31年度住んでよししずおか木の家推進事業
という補助金を使うことが可能です。

仕上材に10~20平方メートル未満張る場合で3万円
仕上材に20平方メートル以上張る場合で7万円も出ます。

もし床がたわむ等の悩みがある場合は、
是非弊社にご連絡ください♪

※補助金の性質上、予算がなくなり次第終了いたしますので、
まずはこの補助金が使えるかどうかをご確認していただく必要がございます。

お問い合わせ